Chaki P-70
【 1970's 】

¥150,000
(税込¥162,000)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: EX++
 
TOP: Spruce
SIDE&BACK: Maple
NECK: Maple 3-piece
FINGER BOARD: Ebony
BRIDGE: Rosewood
POSITION MARK: Double Palallerogram
TUNER: Grover Type Chrome
BRACING: parallel
NUT WIDTH: 42mm
SCALE: 645mm
Body Width at Upper Bout: 312mm
Body Width at Lower Bout: 420mm
Body Length: 535mm
Body Depth at Top: 87mm
Body Depth at End: 88mm
OTHERS1: Cutaway
OTHERS2: Sunburst finish
 
 1947年創業の茶木弦楽器製作所。富山の製作家、辻四郎氏などを輩出したことでも有名な京都の老舗メーカー。コントラバスやチェロなどアーチトップ系を主に作っているだけに美しいボディラインのピックギターも人気が高く、憂歌団の内田勘太郎氏の使用しているP-1などはあまりにも有名。国内ブルースギターの代表的メーカーとも言われます。こちらのP-70は前述のP-1のスペックを受け継いだ1970年代のモデル。スプルーストップにメイプルサイド&バックにフローレンタインカッタウェイ付き。ボディ下幅で16インチ半(420mm)幅の抱えやすいボディサイズです。木目を透かした淡いブラウンのカスタムサンバーストカラーが絶妙で、なかなか見ることのないフィニッシュでしょう。指板のエボニーにも縞の入った素材を用いた個性的な1本。カラッとしたサウンドははぎれもよく、ピックでのカッティングはバシッと決まるでしょう。単音の出もしっかりしており、パワーを感じます。ブルース弾きにはもちろんベストマッチですが、乾いた響きと独特のリバーブ感が気持ちよく、弾き語りのバッキングなどに使用しても個性を発揮できて面白いでしょう。コンディションとしては、ピックガードの欠品、ボディへの細かな擦り傷、打痕などはありますが、40年近くの経過はあまり感じられないキレイな状態です。フレットの高さやブリッジの調整幅もしっかり残しており、今後もまだまだ活躍可能です。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.