GIBSON L-0
【 1942 】

¥410,000
(税込¥442,800)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: VG++
 
TOP: Solid Spruce
SIDE&BACK: Maple Side / Mahogany Back
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Brazilian Rosewood
BRIDGE: Brazilian Rosewood
TRIM: Black & White
PICK GUARD COLOR: Tortoise Color Fire Stripe
POSITION MARK: Dots
TUNER: 3-on-plate
BRACING: Scalloped X
NUT WIDTH: 42.5mm
SCALE: 628mm
Body Width at Upper Bout: 260mm
Body Width at Lower Bout: 372mm
Body Length: 490mm
Body Depth at Top: 88mm
Body Depth at End: 113mm
 
 ギブソン初のフラットトップととして1926年に登場したLシリーズ。L-0は発売初期はロバート・ジョンソンの写真で有名なL-1と同様、丸みのあるボディ形状に12フレットジョイント、オールマホガニーのボディでしたが、仕様変遷を経て、L-00と同じようなボトムの膨らみのあるボディ形状に14フレットジョイント、スプルーストップにマホガニーサイド&バックへと変わります。こちらの楽器は1942年製でL-0としては最終年の個体。サイド材にトラ目の出たメイプルが使われており、トップ材はよく見ると3枚継ぎになっています。ナチュラルフィニッシュになってはいますが当時このモデルはオールブラックカラーですので、この構造は隠れていたのでしょう。この辺ギブソンらしさがうかがえる貴重な楽器です。ほぼプリウォーのこの楽器は老兵さながら歴戦の傷が刻まれており、クラックやトップの継ぎの修理痕がかなり見受けられますが、現状では落ち着いており、通常使用する分には問題のない状態です。ネックは幅はそれほどではありませんが、ゴロっと握りごたえのあるグリップ。カラッカラに乾いたビンテージトーンには得も言われぬものがあります。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.