Kanematsu Tsuchii (土井金松) Little David
【 Year Unknown】

¥150,000
(税込¥165,000)
 
拡大して見たい部分を
クリックして下さい。


FRONT
BACK
ヘッド表
ヘッド裏
ネック表
ネック裏
ボディー表
ボディー裏
右側面
左側面
ケース


他に拡大して見たい部分が
ございましたらご遠慮なく
メールでお申し付け下さい。

ramzys@ramzys.com
 
CONDITION: EX+++
 
TOP: Solid Spruce
SIDE&BACK: Solid Rosewood
NECK: Mahogany
FINGER BOARD: Ebony
BRIDGE: Ebony
TRIM: Abalone
ROSSETTE: Wood Mosaic
PICK GUARD COLOR: Clear
POSITION MARK: Diamond
TUNER: Rotomatic Chrome
BRACING: Non Scalloped X
NUT WIDTH: 44mm
SCALE: 650mm
Body Width at Upper Bout: 294mm
Body Width at Lower Bout: 410mm
Body Length: 510mm
Body Depth at Top: 98mm
Body Depth at End: 108mm
OTHERS1: Cutaway
 
 国内製作家、土井金松氏の手掛けたハンドクラフトギター。クラシックギターやバイオリン製作の名門、茶位工房で修業の後、郷里の岐阜にて製作をされていましたが、残念がら2008年に亡くなられたそうです。こちらのギターはクラシックギターにも縁の深いカナダのラリビーギターを思わせるスタイルの鉄弦モデル。シリアル表記などなく、年式は不明です。ボディ内部ラベルにLittle=Davidというおそらくモデル名と製作家名がプリントされております。スプルーストップにローズウッドサイド&バック、シャープなフローレンタインカッタウェイ。ガットギタースタイルのホールロゼッタにボディ外周にはアバロントリムが施された美しいギターです。ヘッドには愛嬌のあるキツツキのインレイ。作り自体にも精巧さが感じられます。ジャンボボディサイズの太く重厚感のある響きでストロークで鳴らすとダイナミックな響き。サイズの割にはレスポンスも良いのでフィンガーでも気持ちよく鳴らせ、幅広く対応できるギターでしょう。年式不明ではありますが、あまり使用感はなく外観も美しい状態。ネックはストレート、内部ロッドの動作も問題ありません。フレットはやや減りは見られますが、それでも7割ほどの高さがあり、今後の使用には十分な状態です。モデル名を検索してみると第二次大戦時に米軍が開発した当時最大の迫撃砲の名と出てきます。マーティン社が名付けたドレッドノートも開発当時最大の戦艦名に由来しています。狙って名付けたかはわかりませんが、確かに迫力のあるサウンドです。

 
  

Copyright(C) 2007 Ramzy's All Rights Reserved.